全国中学生プレミアム学力カップとは

⽜⼀頭には世界中の⽔の何パーセントが含まれていますか︖

出題:ケンブリッジ大学 面接試験

質問の主旨は、臨機応変に対応できる本当に賢い学⽣を⾒つけることです。

このような「⾃分で考える⼒」を育てる動きは、AI等テクノロジーの発達とともに世界的に増加傾向にあり、また⼊試においても要求されるようになってきました。

全国中学⽣プレミアム学⼒カップでは、このような問題に対応するため、⼀定の知識・技能(5教科学⼒)があることを前提に、考える⼒を「思考⼒・判断⼒・表現⼒」に分解。未知への対応⼒を評価し、学びに向かう⼒につなげます。

全国中学生プレミアム学力カップとは

全国中学生プレミアム学力カップは、個と向き合う「プレミアム学力診断」学習意欲を測定する「学び意欲診断」の2つの診断で構成されています。また一般的な模擬試験でおよそ偏差値60以上の学力を持つ学生を対象にしています。

知識・技能を充分に持った生徒の、世界で活躍するための力を測定

これまでの教育改革では、「知識・技能」を系統的に習得することを重視する「系統主義」と、体験的に学ぶことに重きを置く「経験主義」の間を行ったり来たりしていました。

詰込み教育を改善する目的の一つとして、教科学習内容を減らし総合的な学習の時間を導入。生徒が主体的に課題を発見し解決に向けて取り組む学びを制度化しました。ところが、この「学習量を減らす」という点が特にフォーカスされ学力低下につながるのではないかという不安が高まってしまいました。その結果、確かな学力の育成を重視する揺り戻しがおこりました。

元々この2つの教育主義は、本来対立する考え方ではなく、相互に補完しあう概念です。経験的な学びを深めるためには基礎となる知識・技能が重要で、知識・技能は思考力等とともに発揮し、現実の課題解決に使われなければ意味がありません

そのため全国中学生プレミアム学力カップでは、まずは十分な知識・技能を持った生徒(目安として一般的な模擬試験で偏差値60以上)を対象としました。

まずはこれらの生徒の思考力等「考える力」と「学び意欲」を測定し、これらの力を伸ばすための基礎資料をご提供いたします。

プレミアム学力診断について

個と向き合う「プレミアム学力診断」では、適性検査型の課題1と、未習内容も含む原則的に全て記述問題の課題2で構成しています。

【 課題1 】知識・技能

学年ごとに知識・技能の習得・活用状況を処理能力と共にチェック

適性検査型問題の中に各教科の内容を配置し約50問を出題。
学年ごとに処理能力と共に知識・技能を十分有しているかを測ります。

時間

50分

満点

100点

教科

中学生向けの適性検査型テストと考えていただければイメージしやすいかと思います。引用文が国語や英語などと変わりますが、基本的に各学年の主要5教科の既習範囲の知識・技能を包括的に問う問題が出題されます。解答は選択式あるいは5文字以内の短答式で、マークシートが使われます。
*中学1年生は既習範囲が少ないので、小学校で履修した内容も出題されます。

評価

各教科、模擬テスト式の評価体系

【 課題2 】思考力・判断力・表現力

未習内容も含んだ教科横断型問題で、思考力・判断力・表現力を見える化

時間

50分

満点

100点

出題内容

今まで学校で受けたことがなかったような出題内容です。
これだけでもワクワクしませんか!
与えられた引用文・資料・グラフ・図表などから、出題の主旨を読み取り記述と選択式で解答します。自分の論理の筋道を正確に理解できるよう根拠に基づいて論述する思考力・判断力・表現力を評価します。
教科横断型のため、出題範囲は小学校から高校の内容まで幅広く取り入れます。ただし、未習内容に関してはリード文等で解説。
原則的に全て記述問題で、約25問で構成。中1版と中2・3版で、一部共通問題があります。

評価

思考力を7段階・判断力を5段階・表現力を4段階で評価

学び意欲診断について

学び意欲診断は、人工知能(AI)によって学習審査を測定します。アンケート形式の定量検査と絵を見た自由記述文による定性検査で構成されます。

82問の定量検査では、主・複合性格、主たる欲求の構成、塾生としての適性などを分析

時間

20~30分

満点

なし

【 課題3-1 】アンケート形式の定量検査

性格、欲求の構成などを分析

定量検査の内容

アンケート形式の定量検査です。82問の設問に回答することで、主・複合性格、主たる欲求の構成、塾生としての適性などを分析します。

※内容保護のため画像をぼかしています

【 課題3-2 】絵を見て書いた自由記述文からの定性検査

価値観や自己肯定感、思考のクセを分析

定性検査の内容

絵を見て書いた自由記述文を定性検査します。
指定された絵を見て感じたこと、考えたことを記述します。それを人工知能(AI)が分析し、価値観や自己肯定感、思考のクセなど、学びに向かう意欲を評価していきます。

全国中学生プレミアム学力カップ【実施概要】

実施要項

実施日

実施日未定

実施会場

学習塾・学校(・自治体)が指定する会場

学年・時期・時間・教科配点

学年

中学1年 中学2年 中学3年

プレミアム学力診断 課題1

学年ごとに出題範囲を設定します。

時間

50分

教科・配点

100点

プレミアム学力診断 課題2

未習領域は問題文の中で解説し、全学年で取り組める教科横断型問題です。

時間

50分

教科・配点

100点

学び意欲診断 課題3

82問の質問+絵を見て自由記述文

時間

20~30分

教科・配点

※課題1…学年毎に出題範囲を設定
※課題2…未習領域は問題文の中で解説し、全学年で取り組める教科横断型問題
※課題3(学び意欲診断)…82問の質問+絵を見て自由記述文
※受験集団は、一般的な模擬試験で偏差値60以上を想定しています。

答案/WEB帳票/分析資料

実施後、約2週間で答案、帳票、分析資料をWEB上で閲覧いただけます。

受験料

予価(税別)
受験者の受験料5,000円/人
学習塾・学校(・自治体)ご請求額 3,500円/人

※1教場で受験者が3名以下の場合、基本作業料(送料含)として別途1,200円(税別)ご請求させていただきます。

タイトルとURLをコピーしました