JaPEL 団体概要

一般社団法人Japan Premium Education League のご案内

⼀般社団法⼈
Japan Premium Education League
理事⻑ ⼭本千秋

今まで⼩学⽣・中学⽣では、全国の俊英たちが⼀堂に会して⾏われる模擬試験あるいは講習会という⾏事はほぼ皆無 でした。理由は、地域によって求められる学⼒⽔準や傾向に著しいばらつきがあったからです。

たとえば公⽴⾼校の場合、各都道府県で⼊試の実施⽅式および出題傾向が違います。現在、東京都の進学指導重点校、神奈川県の特⾊検査実施校、⼤阪府の進学指導特⾊校などの名称のもと、学⼒到達度別の学校・コース編成がなされています。地域によるこうしたばらつきは、私⽴学校については⾔わずもがなです。このため学習塾では、こうした地域 の特性に合わせ、地域の⼊試に特化した指導を⾏うことが、塾経営の最善策として考えられてきました。

しかしながら、時代の機運は変わってきています。⽂部科学省による学習指導要領改訂や⼤学⼊試改⾰、そして経済 産業省が提唱する社会(「Society5.0」・「働き⽅改⾰」・「グローバル化」へと向かう社会)に適応する⼈材育成には、新しい学⼒観に基づいた教育が必要であることは、地域に関わりなく今や広範にコンセンサスを得られるようになってきました。知識・技能の習得に加え、思考⼒・判断⼒・表現⼒を具備し、コミュニケーション能⼒を駆使して相⼿や場⾯に応じた課題解決能⼒を発揮していくことで新たな価値を創造できる。そうした⼈材を育成することは、私たち⺠間教育に携わる者の使命です。

この度こうした趣旨のもと、未来の社会に対応するため、学習意欲の⾼いわが国の⼦供たちに必要な教育のあり様を研究・発信する「⼀般社団法⼈Japan Premium Education League」を設⽴します。世界・⽇本に貢献するグローバル⼈材及びリーダーの輩出に貢献するため、趣旨に賛同していただける⽅々のご協⼒を何卒お願い申し上げます。

団体概要

法人名称

⼀般社団法⼈Japan Premium Education League

設立日

2020年2月22日

目的

  1. 新時代に適⽤できる⼈材育成のための機関・システムの構築
  2. ⼩・中・⾼校⽣対象の模擬試験の実施
  3. アクティブラーニングや探究学習等の研究・開発、教室運営
  4. その他

設立時理事長

山本 千明 (エイスウClub代表)

所在地

〒102-0074
東京都千代⽥区九段南3-4-5フタバ九段ビル3F
森上教育研究所内

タイトルとURLをコピーしました